ブックメーカーを始めるために必要なものについて

キーボード

ブックメーカーを始めるためには、まずはアカウントを作成する必要があります。基本的にネットを介して投票を行うので、作成しておかなければ参加することができません。

そして、最初に登録する事項は、住所、氏名、メールアドレス、アカウント名、パスワードです。この時に、身分証は必要ありません。この登録自体は数分程度で終わります。

その後に、お金を入金すれば、ブックメーカーを開始することができます。 ただし、出金をするためには、現住所や氏名が登録している情報と合っているのかを確認される必要があります。マネーロンダリングなどの犯罪に使用されないために採られている措置です。

この時に必要なものは、現住所と氏名が書かれある、公的機関が発行した身分証です。免許証やパスポートがこれに該当します。これを、デジカメで撮影して、画像をアップロードしたりメールで添付したりする方法で提出します。この一連の手続きは、初回出金時のみ求められることで、次回以降は必要ありません。

ブックメーカーの配当について

配当

ブックメーカーは、業者が予めオッズを設定します。競馬などのように、投票によってオッズが変動する仕組みをとっていません。

また、事前に控除もしていません。そのため、競馬と比べると高い配当率を実現できており、96パーセント以上になっています。このことからわかることは、同じレースに投票するのであれば、ブックメーカーの方がリターンが大きくなるということとなります。

その他、ブックメーカーのオッズは、後に変更されてもすでに投票した人のオッズには影響しないというメリットがあります。

競馬であれば、後から人気が出て倍率が下がってしまうようであれば、いかに勝つ可能性があっても、リターンが少なくなってしまうため、投票を避ける必要がある場合もあります。

しかし、その心配がないため、安心して投票することが可能です。 配当オッズは、それぞれのブックメーカーごとに個性があり、共通ではありません。そのため、差をうまく利用して稼ぐ方法もあります。

ストリーミング配信があるブックメーカーの魅力

ストリーミング配信

ブックメーカーでは、ストリーミング配信を行っている所が多いです。これは、試合のライブ中継です。そのため、日本では放映されていない試合でも、動画を見ながら投票を楽しむことが可能です。

もしこれがなければ、自分で衛星放送などを契約しなければならいですが、特に追加費用をかけずに見られるので便利です。

また、ブックメーカーでは、このストリーミング配信を生かしたギャンブルを行っています。試合途中で開催されるライブベットは、今後の試合展開を予想するというもので、従来投票後はただ見守っているしかなかったブックメーカーに新たな楽しみを与えています。

試合途中であるため、試合の大勢は把握できているため、予想もしやすいという魅力があります。 日本人にはなじみの薄いブックメーカーですが、日本のプロ野球やJリーグも対象とされている場合があり、十分楽しめるものとなっています。そのため、日本人にも最適のギャンブルであると言えます。

日本のプロ野球

日本のプロ野球

プロ野球を応援する人は、年齢や性別を問わず沢山いますが、自分がファンのチームが勝つと、とても嬉しく熱くなります! しかし日本のプロ野球は、サッカーくじみたいにお金を賭けることができないので、いまいち応援にも力が入らないという人も多いようです。 ブックメーカーなら日本のプロ野球も扱っていて、日本人ユーザーもかなり多く、現在でも増加中です。

オッズも豊富で勝敗を的中させるものや、ハンディをつけて勝敗を的中させるもの、スコアが何点より上か下かを当てるオッズもあります。 自分の好きな勝敗予想を、自由に組み合わすことができるマルチ換算もあるので、プロ野球に詳しい人もそうでない人も賭けを楽しむことができます。 ブックメーカーを日本人が利用する場合は、ブックメーカーの業者選びがとても重要になってきます。日本のプロスポーツを多く扱う会社に登録すれば、より楽しむこともできます。

英語が苦手だという日本人の方は、日本語のサポートをおこなう海外サイトを利用すると安心です。 日本のプロ野球を対象としている賭け事は、ブックメーカー以外にはありません。 ブックメーカー会社にはライセンスが発行されており、合法的に運営されています。そして、経営基盤がしっかりしているかも、審査対象です。そのため、先発ピッチャーの実力差があるような高オッズの試合に賭けて当たったのに、払い出しが受けられないという心配は一切ありません。安心して、高オッズの試合に賭けることができます。